COBOLが学べるおすすめプログラミングスクール!将来性についても紹介

COBOLは古くから金融機関などで広く利用されてきた、英語のような構文で書くことができるプログラミング言語といわれています。

金融系、地方自治体、政府関連の業務では現在も利用されており、技術者が不足することがから新人に学習させることもある技術のひとつです。

また、レガシーシステムと呼ばれる過去の言語やあり方で書かれたシステムとしてCOBOLの名前が挙げられることもあり、現在後継としてJavaに置き換える作業などが行われていることからも、COBOLはまだ学習が必要な言語とされている理由の一つです。

今後のレガシーシステムの置き換えのために習得したい、金融系など仕事に役立てていきたいと考えている方へ、COBOLが学べるスクールを選ぶポイントについて解説します。

COBOLが学べるスクールを選ぶポイント

COBOLのスクールを選ぶポイント

COBOLはすでに「枯れた技術」と称されるほど利用されてきた技術であり、文法がわかりやすいことや習得のしやすさから、初心者でもすぐに習得しやすいというメリットがあります。

そんなCOBOLですが、近年「2025年の崖」という問題の中核になっており、今後COBOLを理解していることで仕事に役立てることや、積極的な登用が期待される言語のひとつとなっています。

問題解決のためにCOBOLを技術のひとつとして取り込んでおくことはポイントといえるでしょう。

1.COBOLを学習して将来どうなりたいのか

COBOLを学習することでなる将来はある程度狭まってしまいます。それはCOBOLのような古い言語を新しい言語に書き換える作業を行うことになるためです。

もちろん金融系のエンジニアであればCOBOLによる機能追加や修正などを行うために必要になるため必ずしも、COBOLから別の言語に変えるために必要となるとは言い切れないのが現状です。

そのため、将来的にCOBOLをどのような場面で利用する立場になるのかを明確にすることが大切でしょう。

  • COBOLからのシステム置き換えの技術者
  • 金融系エンジニア
  • 若手のCOBOL技術者

立場が明確になることで、利用するべきスクールも考える必要があります。そのため、まずは将来の立場を考えることから始めましょう。

2.適切なサポート内容を受けれるか

COBOLは学習している世代も40代から50代などの団塊の世代であることが多いです。これは銀行業務や地方自治体、大企業などがこぞってCOBOLを利用してきたことが背景にあります。

そのため、プログラミングスクールにおいて適切なメンターがいるかどうかが重要なポイントとなるといえるでしょう。これはそのまま適切なサポートが受けられるかどうかに直結します。

適切なサポートとは単純な指導だけではなく、わかりやすい説明や感覚的な指示ではなく論理的に道筋を立てて指導をしてもらうことが必要であるからです。そのため、メンターがしっかりとしていることなどは確認するべきポイントでしょう。

3.昼だけではなく夜間も対応してくれるか

COBOLについてはすでに何年ものあいだ利用されてきた言語であることから、基本的に問題が起きた場合調べることが可能といえます。

また、資料も多く、言語としてもわかりやすいため、基本的に難しいと感じる要素があっても調べることが可能ではありますが、サポートが全く必要ないわけではありません。

現在の言語を学習している人からすると、違和感を覚える書き方や特殊なルールなどが存在しているため、サポートが必要な場面もあるでしょう。そのような場合に、昼や夜間に対応してくれるかは重要です。

COBOLのような言語を学習しなければならないということは企業内部で教えることができない場合の外注などもあり、業務後の学習の可能性もあるためです。対応可能な時間なども確認しておきましょう。

プログラミングスクールの比較ポイント

COBOLのスクールを選ぶ

COBOLにおいて、比較のポイントで大きなウェイトを占めるのは適切な指導者がいるかどうかになります。自分よりふた周りも離れた指導者では、知識が古い可能性や最新の技術に疎い可能性もあるためです。

また、指導者以外では、料金やオンラインでの受講が可能であるかなどが比較のポイントとしては大切でしょう。各項目について詳しく解説していきます。

1.COBOLが学べるスクールの料金は安いか

COBOLが学べるスクールの料金は、無料で学習できるスクールや月額980円で研修パッケージの動画が見放題になっている動画のスクールなどさまざまです。

オンラインでの動画視聴のスクールから、個別に専門的なメンターを用意するようなスクールも存在ているため、学習内容、今後の利用頻度に応じて変化すると言えるでしょう。

動画視聴のスクールと比較すると、メンターを特別に用意する場合の方が高いことは間違いないため、将来性を考えてスクールは選択するのが良いといえます。

COBOLは無料の動画講座がある?

COBOLはドットインストールですべての回の講座が無料で視聴できます。(2021年6月現在)まずひと通り動画によって学習することで、無料で基礎を理解することができるといえます。

ただし、ドットインストールの場合はすでにアーカイブの対象のため、質問などができない状態です。学習する場合は動画内でわからない箇所は自分で調べる必要があり、無料であるもののデメリットもあることは覚えておきましょう。

2.COBOLのスクールはオンライン学習できるか

COBOLでもオンラインでの学習は可能です。動画視聴などによるオンライン学習が主体となるでしょう。COBOLも例に漏れずオンライン学習です。

ただし、先述の通りすでに過去の言語のため、質問ができない状態であったり、指導者が良い指導者であるかどうかは学習を始めるまではわかりません。

COBOLに関しては文献などが多いことや、内容が非常にまとまった本が存在しているためオンラインと並行して独自での学習や事典的な扱いとして書籍を利用するのも良いでしょう。

3. 自分の目的が達成できるか、必要なスキルを学べるか

COBOLはその用途に従って、スクールの利用方法も変化してくるといえます。動画で事足りる内容であれば、無料の動画を試聴して学習することも可能です。また書籍が充実していることから独学でも学習が可能といえるでしょう。

ただし、今後専門的に利用する予定があることや、もとより今後も必須の技術である場合は、効果的なスクールの選択が必要です。

自分の目的が単純にCOBOLから別の言語への置き換えなのか、今後も保守していくための専門的な技術の研鑽かという面で、選択肢は変わってくるといえるでしょう。

COBOLに将来性はあるか

COBOLの将来性

COBOLは「2025年の崖」問題の中核に存在する技術です。金融機関がつい最近までCOBOLからの言語置き換えなどを行なっていたように、過去の技術を利用し続けることは将来的な損失となります。

ただし、これはあくまでCOBOLを利用することによる企業や自治体の損失です。重要なことは、COBOL言語がそれらの問題の対処に必要となった場合の技術者不足です。

需要の高まりから、問題が表面化してきた場合のCOBOL技術者の単価や技術相場は高くなるといえるでしょう。ただし、何年も持つような言語ではないため、複数の言語を取得しておくことが大切です。

COBOLの後継言語はなにか

COBOLの後継言語

COBOLの後継言語はJavaといわれています。これはCOBOLによって記述されているプログラムの置き換えをJavaによって新たに書き換えたことなどからも明白です。

Javaの処理の方法や、オブジェクト指向プログラミングという新たな考え方によって、金融系システムはより効率的に処理が行われることが見込まれています。ただし、COBOLで作られている技術はブラックボックス化していることが多いため、まず理解して仕様書に落とし込む作業が必要となるでしょう。

それらの兼ね合いから一部のCOBOLの機能は残すこともあるため完全に置き換えを行うことがないことも視野にいれて、COBOLの学習や、後継であるJavaの理解に力を入れることが必要であるといえます。

 

Javaの内部リンクを入れてください

 

COBOLエンジニアに必要なスキル一覧

COBOLエンジニアに必要なスキル

COBOLの特徴はその案件にあります。例えば金融機関や地方自治体、官公庁などの公的機関や体質の古い大企業などです。ここで必要なスキルは、プログラミングスキルはもちろんですが、業務知識などが重要です。

例えば登記のシステムなどは一部COBOLが利用されているといわれています。プログラミングによってシステムを開発するのはもちろんですが、より重要な部分は業務内容により詳しくなることといえるでしょう。

COBOLは言語としては理解しやすい部類に入りますが、問題なのは利用される内容や業務の難易度です。そのため、COBOLエンジニアは業務知識や経験を積むことがスキルとして大切であるといえます。

COBOLエンジニアとして転職・副業したい人向けのスクール

COBOLにおすすめのスクール

 

スクール

 

スクール

 

スクール

 

スクール

 

COBOLが学べるプログラミングクールまとめ

まとめ

COBOLが学べるスクールを選ぶポイントから、COBOLの将来性、後継の言語、必要なスキルについて解説してきました。COBOLは若手の人材が不足しているなか、今後の需要が高まることが期待されている言語のひとつです。

ただし向こう10年程の話であり、COBOLにこれから高まる需要は置き換えなどのシステム更新のため、COBOLだけに依存する技術者になることは避けましょう。

また、Javaが後継であることや、Java言語はオブジェクト指向プログラミングなどさまざまな場所で現在も新規案件が発生している言語のため、COBOLを学習する際はJavaを合わせて習得することで、今後の案件に役に立つことでしょう。

大手プログラミングスクールではCOBOLだけではなくJavaについても効果的な学習を提案しています。ぜひスクールの内容をチェックしてみてください。

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!