Go言語が学べるおすすめプログラミングスクール!将来性や言語のメリットも

Go言語の将来性を考えて、これから学習しておきたいという人は多いでしょう。Go言語はソフトウェア開発者の「学びたい言語」ランキングで首位を取ったこともあるGoogle発の開発言語です。

近年、各企業の調査によると「将来性」や「初心者」というワードランキングのなかで10位以内に入ってくるほどの勢いを持っている言語といえます。

今後Go言語を習得したい、仕事に役立てていきたいと考えている方へ、Go言語が学べるスクールを選ぶポイントについて解説します。また、Go言語の将来性やポテンシャル、学習メリットも紹介していきます。

Go言語が学べるスクールを選ぶポイント

Go言語のスクールを選ぶポイント

Go言語は2009年にリリースされたばかりの比較的新しい言語です。そのため、スクールを選ぶポイントとしてはGo言語に精通している人を中心として選択するのが良いといえるでしょう。

また、スクールを選ぶということはGo言語のメリットを理解すること、他の言語との違いを理解し将来どうなるために学習したいのかを明確にしなければなりません。

そのためには昼夜を問わずサポートが受けられるかもポイントになるということを考えておきましょう。

1.Go言語を学習して将来どうなりたいのか

将来どうなりたいのかは、スクールを選択する上で最も重要なことです。Go言語の習得によって、今後のメジャーアップデートに対応できる最新情報に詳しいエンジニアになりたいのか、趣味で学習を行いたいのか、その他さまざまな理由があるでしょう。

そのため、学習してどうなりたいのかは重要なことです。例えば上記の他にも以下のような考え方ができるでしょう。

  • 就職や転職を有利にする
  • Go言語の専門的な学習をしたい
  • マイナーなうちに習得して指導者になる

将来どうありたいかによってスクールの選択肢も変化してきます。そのため、まずは学習するための明確な目標を建てるのがよいでしょう。

2.適切なサポート内容を受けれるか

Go言語はまだ比較的新しい言語です。「枯れた言語」というほど知見も多くないため、問題解決を自己で行うのが難しい一面も持っています。

案件数も他の言語と比較すると少ないため、Go言語を学習している人が少ないことも問題といえるでしょう。このような言語のあり方の中で、適切なサポートを受けることを考えながら選択しなければなりません。

できる限りサポート内容が充実していること、質問に対して適切な回答がもらえることを考えてスクールの選択を行う必要があるといえます。「初心者が初心者に教える」ということをできるだけ避け、有識者のいるスクールを選択することがよいといえるでしょう。

3.昼だけではなく夜間も対応してくれるか

プログラミングの学習を行う人は常に昼だけ学習しているわけではありません。仕事と両立している人は夜間しか時間が取れないこともあるでしょう。

そんな時に言語のことで質問がしたい場合に夜間対応があるかないかは重要な分岐点です。また、例えばチャットやその他の相談の手段を用いることが可能か確認しましょう。回答が早くとも次の日には貰えるようなスクールであることが望ましいといえます。

リアルタイムで返答がもらえるのが望ましいですが、人員が常にいなければならないことやメンターを掛け持ちしていること、個人が働く時間にもよるためプログラミングスクールの事情を知ることが大切です。

プログラミングスクールの比較ポイント

Go言語のスクールを選ぶ

Go言語において、プログラミングスクールの比較をする場合には料金の安さもそうですが、より充実した指導者であるかが重要です。もちろん指導者がいない場合は良い教材であることが最低限必要なポイントともいえます。

また、オンラインで学習が可能なことや、当初の目的を達成することが可能なスクールであるか、自分に取って必要なスキルを学び取ることが可能であることが大切でしょう。各項目について詳しく解説していきます。

1.Go言語が学べるスクールの料金は安いか

Go言語が学べるスクールの料金は無料で利用できるスクールから、24,000円ほどの価格帯で学習できるスクールなどさまざまです。

基本的には月額1,000円以内で学習できるオンラインのスクールが多く、Go言語の基礎を学ぶのにうってつけの学習内容が揃っています。これは大手のプログラミングスクールがGo言語のサポートをしていないことから、比較的安い価格帯であるといえます。

しかしながら大手のスクールのサポートは非常に手厚く、現在展開されている教材の料金が安いのはそのような一面もあるといえるでしょう。

Go言語は無料の動画講座がある?

Go言語はドットインストールなどで、最初のいくつかの講座が無料で公開されています。(2021年6月現在)そのため、最初の無料枠でGo言語と感覚の相性が良いか確認する手段として最適です。

ただし、以降は有料となっているため、あまりに基礎的な内容であれば選択肢から外してもよいといえるでしょう。これは無料の基礎的な講座が理解できる人であれば十分に理解できる内容であることからいえます。

理解度や難易度をよく理解して、無料動画で感覚をつかみ、必要だと思えば利用することが大切です。

2.Go言語はオンライン学習できるか

現在どのような場所でもオンラインでの学習が人気となっており、オンライン学習の可否は気になるところでしょう。Go言語もオンライン学習が可能です。

オンライン学習は可能ですが、オフラインでのマンツーマンレッスンなどは基本的にありません。有志や企業による勉強会はありますが、順序だった構成ではないことや別の内容と絡んだ内容となっていることが多いため、効果的な学習とはいえないでしょう。

Go言語に関しては、オンラインでの学習を行うことや公式のWebチュートリアルやマニュアルを読んで理解することが必要となってくるといえます。

3. 自分の目的が達成できるか、必要なスキルを学べるか

Go言語を習得する目的が明確になっているかどうかで、スクールは選択しなければなりません。基礎的な内容だけでよければ無料講座や安いスクールの選択で良いでしょう。

しかし専門的な技術を身につけたい、実践的な学習を行いたい場合は学習したい内容やサポートの有無、順序だったカリキュラムであることの確認が必要です。

あたりまえですが、必要なスキルが含まれていないことや、ひとりでも理解することができる内容対して金銭を支払う意味はないといえるでしょう。

Go言語の将来性や言語のメリットは?

Go言語の将来性

Go言語はGoogle公式の開発言語であり、今後伸びてくることが期待されている言語であることがいえます。理由としては、平均年俸額が高額なことです。

HRogが公式に発表している2020年のデータによると、Go言語の平均年俸額は「最大約791万円」となっており、案件数も前年度から比較すると300件以上増加している急上昇の言語であるためです。

言語としては以下のようなメリットを持っています。

  • 高速な処理が可能
  • 並列な動作が得意
  • マルチプラットフォームに対応

効率が良いことから、サーバーサイドの処理に優れている言語として注目を集めているのです。そのため、今後の動向次第では現在のサーバーサイドの言語にとって変わる存在としてのポテンシャルを充分に秘めており、高い将来性を期待がされています。

Go言語エンジニアに必要なスキル一覧

Go言語エンジニアに必要なスキル

Go言語エンジニアとして必要なスキルは、サーバーサイド処理に関する知見がより多いことです。その他のスキルについて列挙します。

  • マルチパラダイム型のため、オブジェクト指向の学習
  • さまざまなOSで動作するため、OSへの深い理解
  • フレームワークに対する知見

Go言語は手続き型も関数型も可能なマルチパラダイムな言語のため、オブジェクト指向プログラミングを理解していることは必要なことです。また、OSについても理解していることが必要であり、多彩なシステムで動作することからさまざまなOSに触れておくことが必要といえるでしょう。

フレームワークに対しての理解があることは即戦力となり得ます。Go言語を利用している人口は未だ多くないなかで、言語への理解はもちろんのこと、フレームワークに対する知見があることはGo言語エンジニアにとって大切なスキルです。

Go言語アプリケーションの開発者になりたい人向けのスクール

Go言語におすすめのスクール

Go言語は比較的新しい言語であることや、現在急上昇中の言語であることから、大手のプログラミングスクールの教材の展開が追いついていないのが現状です。

その中でも、現在基礎的な部分や実践的な内容を案内しているスクールについて以下に解説します。

また、それらのスクールの難易度が非常に高いわけではないため、最初に取り組むべき基礎的な内容について紹介し、初級・中級、より実践的な内容へとなるように以下に紹介していきます。

公式チュートリアル「A Tour of Go」で学ぶ

Go言語の公式チュートリアルとして有名な「A Tour of Go」は無料でGo言語のコアであり、最重要な部分を学ぶことができる公式のチュートリアルです。

Web上で完結していることから開発環境を用意する必要もなく、Go言語に関する最初の理解を深めることができます。非常に簡潔な説明ではありますが、実際にソースコードが書かれており動作させることによって、視覚的に理解することを可能にしています。

また、元々日本語での言語の説明サイトはなかったため、日本語に翻訳されたサイトのため、英語が読める方は英語版を見ても良いでしょう。

文法の基礎学習なら「Progate」でわかりやすく

「Progate」の良いところは基礎文法についての説明がスライドを通して非常にわかりやすいことにあります。初級から中級に至るまでの言語の使い方や文法の理解についてはProgateを利用するのが良いでしょう。

実践的な内容は多くありませんが、こちらも開発環境を用意する必要がない点など、初心者や基礎を学習したい人にとっては非常にわかりやすいことが特徴です。

文法の基礎学習を通すことで、実践的な内容に進むことができるためプログラミング初心者にとってはおすすめといえるでしょう。

Webサーバーの構築まで学ぶなら「ドットインストール」

ドットインストールは2つの講座が用意されており、本当に初心者向けの講座と、少しレベルアップして、Webサーバーの構築まで学ぶことができる講座に分かれています。

また、ドットインストールではプレミアム機能として、月に5回までドットインストールのスタッフに質問することが可能です。ベータ版であり、今後上限の回数も変化する可能性があることがあるため、質問したいことがたくさんある場合は考えて利用しましょう。

その他にも、動画で見直しが効くことやソースコードの閲覧も可能になるため、基礎的な学習でつまづくことが少ないといえます。

Go言語での実践的なWeb開発をで「Udemy」で学ぶ

ここまでのオンラインスクールについては、月額1,000円ほどで利用できる中級レベルのスクールといえます。ここで紹介する「Udemy」はより実践的な内容を学習することが可能です。

月額制ではなく、買い切りといった形で自分が学びたい講座について選択して購入することができます。内容には現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo言語の内容をはじめとして、海外のエンジニアなどが教える講座などハイレベルな講座も含まれています。

また、Udemyでは講師に対して直接コメントで質問することが可能になっているため、講師によって時間は不定期ですが、夜間であっても講師さえ返答すれば質問が可能です。

Web開発の実践的な内容を学びたい、ライブラリーの使い方や開発の実際を理解したいと考えている場合はUdemyを利用するのが良いでしょう。

Go言語が学べるプログラミングクールまとめ

まとめ

Go言語が学べるスクールを選ぶポイントから、Go言語の特徴、将来性、現状学べるおすすめのプログラミングスクールについて解説してきました。Go言語は現在も人気が上昇しているなか、人員が不足しているのも実情です。案件も順調に増えているため、今後も需要が高まることが期待されるでしょう。

大手のプログラミングスクールではまだ対応が完了していないため、学習をする場合は上記のような個人的な部分に依存するスクールが多いですが、Go言語を習得することは将来的にも非常に期待ができるといえます。

基礎的な学習を行い、本格的な学習に取り組むことでGo言語を理解することができればGo言語エンジニアの道だけではなく、Go言語をいち早く指導する側に回ることができるでしょう。

また、オブジェクト指向プログラミングの理解を深める必要があるため、大手プログラミングスクールのJavaなどを利用するのが良いでしょう。より効果的な学習をするために併用することをおすすめします。ぜひスクールの内容をチェックしてみてください。

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!