Perlが学べるおすすめプログラミングスクール!Perlエンジニアに必要なスキルも紹介

システム改修や追加機能の開発によって、Perlには現在も一定数の需要が存在しています。そのため、Perlを取り扱う企業や過去のアプリケーションの修正・保守を担う企業から習得の指示を受ける方も多いのではないでしょうか。

PerlはWebアプリケーション開発において、必須と考えられた時代もありました。しかし現在はPerlよりも使い勝手が良く、理解しやすい言語の登場によってその利用頻度は下がっています。

今後Perlが仕事で必要な方や、近年の言語の前身となったPerlを学びたいと考えている方へ、Perlが学べるスクールを選ぶポイントについて解説します。また、Perlエンジニアに必要なスキルについても合わせて紹介していきます。

Perlが学べるスクールを選ぶポイント

Perlのスクールを選ぶポイント

1987年に開発されたPerlは、現在では需要が少なく過去の製品の言語がPerlであったことや、改修の対象として学ぶべき言語といえます。そのためPerlを全面に押し出しているプログラミングスクールは少ないことが特徴です。

Perlのスクールを選ぶ場合のポイントとしては、仕事として必要な場合はPerlエンジニアのメンターをつけてもらうことになります。個人的な学習でPerlを行いたい場合にはコストが高くつくため、どのような理由でPerlが必要なのかを明確にするのが良いでしょう。

1.Perlを学習して将来どうなりたいのか

Perlを学習する場合には将来のヴィジョンが大切です。Perlを学習するにあたっては以下のような将来が考えられます。

  • ニッチな層を狙って就職や転職に役立てる
  • Perlエンジニアとして仕事をしていく
  • Perlを別の言語へと変換するための未来の需要を満たす存在となる

スクールを利用するにあたっては上記のような将来が明確になっていることが必要です。特にエンジニアとして活躍していくためには、専門知識を有しているエンジニアからの指導が必要であると言えるでしょう。

2.適切なサポート内容を受けれるか

Perlはすでに古い言語として、PHPやJavaScript、PythonなどのWebアプリケーションが開発可能な言語にとって変わられてしまっています。

そのため、Perlエンジニアの絶対数が少ないという問題があり、適切にサポートを受けることが可能かどうかは、プログラミングスクールの内容によって変化するといえるでしょう。

サポート内容も単純に回答がもらえればいいというだけではなく、良質で実践的な学習を受けさせてもらえるかどうかもサポート内容のひとつといえます。そのため、個人でもできるような学習内容を提供するようなプログラミングスクールかどうか事前に調べることが大切です。

3.昼だけではなく夜間も対応してくれるか

Perlのようなマイナーな言語は、企業で研修できない場合などに外部研修としてスクールに通う場合もあります。そのため、朝から夕方まで仕事をしていて、夜間に学習する場合も少なくありません。

Perlを学習する時間帯が朝でも夜でも対応してもらえるかどうかは確認することをおすすめします。回答がもらえることがランダムでも困ることや、スクールに払う費用などを考えると、対応時間やスピード感を重視するべきであるといえるでしょう。

Perlエンジニアの絶対数が少ないこともあり、人員が常にいるとも限りません。また、複数人を同時に相手にしている場合や別の言語と掛け持ちしているメンターなどの場合も対応が遅くなることがあるため、プログラミングスクールの事情を把握するように心がける必要があります。

プログラミングスクールの比較ポイント

Perlのスクールを選ぶ

Perlにおいて、プログラミングスクールの比較をする場合には料金も大切ですが、カリキュラムやメンターの存在が重要になってきます。カリキュラムもWebにあるような基礎的なものではなく実践に近い必要がありますし、それを指導してくれるメンターの存在がポイントです。

また、学習時間帯のことを考えると、オンラインであることが望ましいことや、自分の目的が達成することができるスクールであることが重要でしょう。各項目について解説していきます。

1.Perlが学べるスクールの料金は安いか

Perlが学べるスクールの料金はPerlの利用者の希少性から、一概に安いとは言い切れません。パッケージで用意されているスクールもありますが、およそ10〜30万円程の価格となっています。もちろんこの金額以上にも以下にもなり得るため、スクールを検討する必要があります。

比較的安い講座も存在していますが、スクールごとにサポート内容の充実度やカリキュラムの内容、学習時間などに差があるため、比較した上で利用するスクールを選択しましょう。

大手のスクールはサポートが非常に手厚いため、安いスクールのサポート内容と比較してPerlを学ぶ理由と合わせて考えることをおすすめします。

Perlは無料の動画講座がある?

Perlはドットインストールなどで、アーカイブされた状態で講座が無料公開されています。(2021年6月現在)そのため、無料の動画講座で問題ないレベルの場合は利用することを検討しましょう。

ただし、講座に関する質問や迷った時のメンターなどは存在していないため、自力で解決することが必要になることは考える必要があります。

難易度が自分に合っているのか、言語として習得することができるのかをしっかりと確認して、動画講座を利用することが大切です。

2.Perlのスクールはオンライン学習できるか

Perlのスクールはオンラインでの学習が可能です。古い体制の企業の場合オフライン学習を現在も利用する必要がある場合があるため、スクールによってはオンライン学習の環境が整っていない可能性があります。

しかし、大手プログラミングスクールや動画講座などの場合はオンライン学習が主体といえるでしょう。無料の動画講座のようにオンラインで学習することができるコンテンツも存在しているため、学習をオンラインで行う場合の方が多い可能性があります。

効果的に学習したい場合は、オンラインとの学習と併用することで学習成果を高めるようにしましょう。

3. 自分の目的が達成できるか、必要なスキルを学べるか

Perlを取得する目的がなにか、明確なゴールを設定してからスクールの選択は行うことが重要です。基礎学習をしたい場合や言語の特徴や基本的な関数の記述が知りたい程度であれば、無料講座や安いスクールを選択することで十分達成することが可能でしょう。

ただし、もっと専門性が高い技術が必要である場合や、実践的な学習を効果的に行いたい場合は、学習したい内容やサポートの有無、カリキュラムの詳細な内容の確認が必要であるといえます。

実践的な内容ではない、目的を達成することができない、スキルとして身についたことが無料講座と同じような内容であれば、無料講座で十分です。そのため、目的をしっかりと定めてスクールの選定を行いましょう。

Perlエンジニアに必要なスキル一覧

Perlエンジニアに必要なスキル

Perlエンジニアとして必要なスキルは、Webアプリケーションに関する知見がより多いことです。また、古い技術を利用するため、例えばCGIとはなにか、スクリプトとはなにか、ということを学んでおくことは必要でしょう。

また、今後Perlから別の言語へと移行するなどの業務に携わる場合は、PHPやJavaScript、Pythonなどの言語について学習しておかねばなりません。これはPerlからとって変わってた言語のため、最低でもJavaScriptは習得済みとして、PHPまたはPythonについては必ず学習をしておく必要があります。

将来性を考えると、Perlの需要は一時的に高まる傾向にあるといえますが、継続的に需要が高まることはほぼない言語といえるでしょう。そのため、将来的なことも考えて、複数の言語を扱えるように学習することが大切です。

 

PHPかPythonの内部リンク設定お願いします。JavaScriptでも可

 

Perlエンジニアとして転職したい人向けのスクール

Perlにおすすめのスクール

 

スクール

 

スクール

 

スクール

 

スクール

 

Perlが学べるプログラミングクールまとめ

まとめ

Perlが学べるスクールを選ぶポイントから、比較するための方法、Perlエンジニアに必要なスキルについて解説してきました。Perlは現在も利用されている言語ではありますが、需要は減っている言語でもあります。

しかし「2025年の崖」の問題によって、古い技術からの刷新が期待されています。その際にPerlが理解できること、PHPやJavaScript、Pythonのような言語へ置き換えができる技術者として成熟していることは非常に望ましいといえます。

時期が来れば需要が高まりますが、継続した需要は期待できない言語でもあるため、別の言語の学習を行うことも視野に入れてプログラミングスクールの選択を行うように心がけましょう。

特に今後伸びていくPythonのような言語を習得していくことで、Perlの需要が減った後でも仕事で役に立つことができます。大手プログラミングスクールでは押している言語のため需要も高まっています。将来のことも見据えて、ぜひスクールの内容をチェックしてみてください。

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!