Swiftが学べる人人気でおすすめのスクール!iPhoneアプリ開発には必須?スクールの選び方も紹介します

Swiftでアプリ開発者になるためにプログラミングスクールに通おうと思っていても、たくさんプログラミングスクールがあるのでどこを選べばいいのか迷ってしまう人も多いと思います。

また、高いお金を払ったのにアプリ開発者になることができなければ意味がありません。そうならないためにもプログラミングスクール選びはとても重要です。

本記事では、失敗しないためのプログラミングスクールの選び方と比較ポイントを解説しおすすめプログラミングスクールを紹介します。ぜひ参考にしてみてください

Swiftでアプリ開発が学べるスクールの選び方

スクール選び方

まず重要なのがスクール選びです。プログラミングスクール選びに失敗してしまってはお金が無駄になってしまいます。

ここでは失敗しないプログラミングスクールの選び方のを解説します。

1.Swiftを学習した先の目標を明確にしよう

初めにSwiftを学習した先の目標を明確にしましょう。目標を明確にすることで学ぶべきことが見えてくるので無駄のない学習計画を組むことができます。

アプリ開発者として世の中に価値のあるサービスを生み出したい、フリーランスとして自分で生活してみたいなどあると思います。

まずはざっくりでもいいので目標を決めてみてください。

2.サポート内容が充実しているか

次にプログラミングスクールのサポートは充実しているかです。自分の目標に合う適切なサポートがたくさんあれば近道になるでしょう。

例えば就職したいなら就職のサポートがある、講師がマンツーマンで教えてくれるメンター制度などサポート内容が充実しているプログラミングスクールを選びましょう。

3.夜間対応も可能かどうか

最後にプログラミングスクールの営業時間です。特に社会人や学生は必須の項目になります。

社会人や学生は日中は仕事や学業で忙しいので、夜の限られた時間でしか学習することが難しいでしょう。夜間対応していないと分からないことがあっても聞くことができず先延ばしになってしまいます。

できるだけ自分の生活にあう時間帯のプログラミングスクールを選びましょう。

Swiftが学べるスクールの比較ポイント

スクール比較ポイント

前節ではプログラミングスクールを選び方を解説しました。しかし、プログラミングスクールは似たようなものが多く何を基準に比較すればいいのか迷っています。

そんな方にプログラミングスクールを比較する際のポイントを紹介するので参考にしてみてください。

1.Swiftが学べるスクールは料金が安いか

まずは似たようなスクール同士なら料金を比較しましょう。料金が安ければ負担が減ることは間違いないです。

学習内容やサポート内容が同じプログラミングスクールがあるとします。一つめのスクールは受講料が10万円、二つめのスクールは受講料が5万円だったら後者の方が圧倒的に得です。
浮いたお金を他の学習に使ったりすることができます。
ただ、安ければいいという問題ではないので注意しましょう。安すぎて学習内容の質が悪かったりサポートが不十分だと損をしてしまいます。

Swiftは無料のアプリ開発講座がある?

多くのプログラミングスクールでは無料体験ができます。自分の中でいくつか候補を決めたら無料体験に行くことがおすすめです。

実際に足を運ぶことで温度感や実際に学習してる人たちの雰囲気などを感じることができます。ネットでは分からないことも聞くことができます。

2.Swiftが学べるスクールはオンラインで学習可能か

プログラミングスクールがオンラインで学習できるかどうか確認しましょう。近い人なら通うことができるが、遠方の人は通学がネックになります。

例えばスクールまで1時間かかる社会人の場合、仕事終わりに通学しても1日2時間程度しか学習できません。オンライン学習が可能なら通学する時間も有効に活用でき、無駄なく学習することができます。

通学かオンラインかは自分のスタイルに合う方を選びましょう。

3. 自分の目的が達成できるか、必要なスキルを学べるか

自分の目的が達成できる、必要なスキルが学べるプログラミングスクールを選びましょう。

高いお金を払ったのにスキルが身に付かないと意味がありません。基礎をしっかり学びつつ最新の技術を学ぶことができるのか確認が必要です。

特に講師の質は重要です。実績のある講師なら学習内容の他にプラスでアドバイスをくれたり、実際の現場でどういった技術が求められているのか教えてくれます。

講師に実績がないと必要最低限のことしか教えてくれないこともありえるので気をつけましょう。

アプリ開発者志望の方に必要なスキル一覧

アプリ開発のスキル一覧

アプリ開発者になるための必要最低限スキルは以下です。

  • Swift
  • フレームワーク
  • データベースの知識
  • コミュニケーション能力

単純にSwiftができればいいだけではありません。フレームワークを使いこなせる能力やデータベースの知識などが重要になってきます。

特にコミュニケーション能力は重要です。趣味でアプリを作るなら1人で行うので問題ないのですが、多くのアプリ開発はチームで行います。

チームで話し合い連携が取れないとバグが発生したり、納期に間に合わなくなってしまいます。

アプリ開発者として転職・副業したい人向けのスクール

TechAcademy | iPhoneアプリコース

TechAcademy iPhoneアプリコース

スクール名TechAcademy iPhoneアプリコース 公式サイト
料金社会人174,900円(税込) 学生163,900円(税込)
入会金0円
月々の料金社会人7,288円~(税込) 学生6,830円~(税込)
学習時間160~200時間
質問対応毎日8時間対応
転職支援無制限
保証制度ニーズにあった転職先の企業を紹介してくれる
形式オンライン
学習時間週4週間最短3ヶ月
教室利用-

CodeCamp | アプリマスターコース

CodeCamp アプリマスターコース

スクール名CodeCamp アプリマスターコース 公式サイト
料金165,000円(税込)
入会金33,000円(税込)
月々の料金要調査
学習時間160時間
質問対応7時から23時40分
転職支援あり
保証制度エージェント紹介など
形式オンライン
学習時間週8週間(60日)最短3ヶ月
教室利用-

侍エンジニア塾 | エキスパートコース

侍エンジニア塾 エキスパートコース

スクール名侍エンジニア塾 エキスパートコース 公式サイト
料金社会人380,000円(税込) 学生361,600円(税込)
入会金198,000円(税込)
月々の料金15,843円~(税込) 15,041円~(税込)
学習時間-
質問対応毎日14時間対応
転職支援-
保証制度-
形式オンライン
学習時間週12週間最短3ヶ月
教室利用-

Swiftでアプリ開発が学べるプログラミングスクールまとめ

Swiftが学べるおすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。

  • TechAcademy
  • CodeCamp
  • 侍エンジニア塾

Swiftで作れるiOSアプリは今後も需要が高くなることは間違いありません。プログラミングスクールはお金がかかりますが将来への先行投資として通ってみてはいかがでしょうか。

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!