補助金が利用できるおすすめのプログラミングスクール!教育訓練給付制度とは?

プログラミングスクールを探していると補助金が利用できるスクールを見たことある人も多いのではないでしょうか。

教育訓練給付制度といって受講料を最大70%支給してもらうことができます。条件次第にはなりますが利用したい制度です。

この記事では教育訓練給付制度の種類や利用条件を解説した後に、どのプログラミングスクールで利用できるか職種別に紹介します。

プログラミングスクールの費用を抑えるために、ぜひ参考にしてみてください。

補助金が利用できるおすすめのプログラミングスクール

補助金が利用できるおすすめのプログラミングスクール

補助金が利用できるおすすめのプログラミングスクールは以下の6つです。

  • TechAcademy
  • DMM WEB CAMP
  • DIVE INTO CODE
  • ヒューマンアカデミー
  • インターネットアカデミー
  • KENスクール

プログラミングだけではなくWebデザインも補助金で学ぶことができます。条件は確認する必要がありますが、使える制度は活用して安くスキルを身につけましょう。

教育訓練給付制度は3種類ある

教育訓練給付制度は3種類ある

教育訓練給付制度とは「条件を満たした人が、国の認定した教育訓練を受けることで支払った金額の一部を払い戻しますよ」といった制度です。

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。
また、初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

引用:厚生労働省

教育訓練給付金制度は3種類あります。

  • 一般教育訓練給付金
  • 専門実績教育訓練給付金
  • 特定一般教育訓練給付金

各給付金について解説していきます。

一般教育訓練給付金

働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援することで、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。

受講終了後に支払った額の10%がハローワークから支払われます。10万円の上限があるので、どんなに高額な講座でも10万円以上の支給を受けることはできません。

訓練終了後に支給申請することができます。

一般教育訓練給付金を受ける条件や対象者

在職者で利用が初めての場合は、雇用保険加入期間が1年以上であること。2回目以降の方は3年以上加入していることが条件です。

離職者は会社を退職してから1年以内に受講することが条件となっています。

専門実践教育訓練給付金

厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した際に、受講料金をハローワークが支給してくれる制度です。

訓練期間は最大で3年間で、専門性の高い講座が多くあります。受講料の最大70%が支払われ、上限は56万円です。

訓練期間中は6ヶ月ごとに支給申請することができます。

専門実績教育訓練給付金を受ける条件や対象者

在職者で初めての利用は、雇用保険加入期間が2年以上であること。2回目以降の人は3年以上加入していることが条件です。

離職者は一般教育訓練給付金と同じく退社してから1年以内に受講することが条件になっています。

専門実践教育訓練給付金の対象者は教育訓練支援給付金も受けることができる

教育訓練支援給付金とは訓練を受けている間は毎月一定の金額が支払われる支援制度です。

失業保険に似ていますが失業保険は90日分しか支給されないのに対し、教育訓練支援給付金は前給与の40%~80%が受講中に支払われます。

教育訓練支援給付金の条件は以下です。

  • 失業していること
  • 専門教育訓練給付金の対象者
  • 終了する見込みがあること
  • 45歳未満であること
  • 夜間・通信制ではないこと
  • 教育訓練支援給付金の受給資格決定時に退職して、雇用保険に加入していない事
  • 会社の役員ではないこと
  • 一度も教育訓練支援給付金を受けたことがない
  • 受講開始日が令和4年3月31日以前

※詳しい条件についてはハローワーク等で必ず確認してください。

特定一般教育訓練給付金

速やかな再就職及び早期のキャリア形成に資する教育訓練を受けたときに、その受講料金の費用を一部支給してくれます。雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。

受講料の40%を支給することができ、上限は20万円です。訓練終了後に支給申請することができます。

特定一般教育訓練給付金を受ける条件や対象者

一般教育訓練給付金と条件は同じです。雇用保険に2年以上加入していること(初めて利用の場合は1年)が条件です。

一般教育訓練給付金とは違い、訓練開始の1ヶ月前までにジョブカードを作成する必要があります。

ジョブカードとは厚生労働省によって発行される職業能力を証明するためのものです。

教育訓練給付制度の比較表

各補助金の比較表は以下になります。

種類 給付額 上限 利用条件 申請のタイミング
一般教育訓練給付金 最大10% 10万円 在職者:雇用保険期間が3年以上(初めては1年以上)

離職者:退職から1年以内

訓練終了後に支給申請
専門実践教育訓練給付金 最大70% 56万円 在職者:雇用保険期間が3年以上(初めては2年以上)

離職者:退職から1年以内

訓練期間中

6ヶ月ごとに支給申請可能

特定一般教育訓練給付金 最大40% 20万円 在職者:雇用保険期間が2年以上(初めては1年以上)

離職者:退職から1年以内

ジョブカード作成する必要あり

訓練終了後に支給申請

詳しい条件などは厚生労働省の教育訓練給付制度ホームページを確認してください。

専門実践教育訓練給付金でプログラミングが学べるスクール

専門実践教育訓練給付金でプログラミングが学べるスクール

TechAcademy | 専門実践教育訓練給付金制度

DMM WEB CAMP | 専門実践教育訓練給付金制度

DIVE INTO CODE | 専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金でwebデザインが学べるスクール

専門実践教育訓練給付金でwebデザインが学べるスクール

ヒューマンアカデミー | 教育訓練給付金制度

インターネットアカデミー | 教育訓練給付金制度

KENスクール | 教育訓練給付金制度

補助金が利用できなくても無料や費用の安いプログラミングスクールはある

 

補助金が利用できなくても、費用の安いプログラミングスクールや無料で通えるプログラミングスクールもあります。

無料や費用の安いおすすめのプログラミングスクールをいくつか紹介します。

無料のおすすめプログラミングスクール

内部リンク

費用の安いおすすめプログラミングスクール

内部リンク

補助金が利用できるプログラミングスクールまとめ

補助金が利用できるプログラミングスクールまとめ

補助金が利用できるプログラミングスクール、補助金の種類や対象者と条件について解説しました。

初心者がプログラミングを挫折しないで学ぶためには、プログラミングスクールは必須です。補助金を利用すれは半額以下で受講することもできるので利用できる方は利用しましょう。

補助金が利用できなくても将来的には払った金額以上の価値を手に入れることができます。将来への自己投資だと考えることがおすすめです。

 

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!