Swiftでできることは?iOSアプリ開発は稼げるの?これからのIT人材の展望を解説

SwiftでできることはApple製品のアプリ開発がメインです。

SwiftはObjective-Cの影響を受けてAppleが開発したプログラミング言語です。歴史が浅いために扱える人が少なく、身につければ職に困りません。

Swiftは読み書きのしやすいモダンなプログラミング言語であるため、Swiftはプログラミング初心者が学習するのに向いています。

本記事ではそんなSwiftについて、Swiftでできることは何か、開発案件の相場や案件数、プログラミング初心者がSwiftを学ぶメリットをご紹介していきます。

Swiftでできることまとめ
✓SwiftはApple製品のアプリ開発に利用されている
✓モダンな言語で学習しやすい
✓開発相場、案件数は平均的
✓エンジニアが足りていないので、需要が高い

 

Swiftでできることの例

Swiftでできること

Swiftでできることは、Appleが開発したOSで利用できるアプリの開発と、Webアプリケーションの開発です。Appleが開発しているOS向けアプリには、以下のようなものがあります。

  1. iOSアプリの開発
  2. Macアプリの開発
  3. Apple Watchアプリの開発
  4. Webアプリケーションの開発

1, iOSアプリ開発

swiftで開発されたiOS向けアプリ
画像引用:apple.com

Swiftを学習することで、iOSのアプリ開発ができるようになります。iOSはiPhoneとiPadで使用されているOSです。

日本ではiOSのシェアが約50%と高いにもかかわらず、Swiftエンジニアは不足しています。Swiftを学習すれば、iPhoneアプリ開発のエンジニアとして、すぐに活躍することが可能です。

2, Macアプリ開発

swiftで開発されたmac向けアプリ
画像引用:apple.com

Swiftを学習することで、MacBook、MacBookAir、MacBook Proなどで動くMacアプリを開発できます。

Macのハードウェアとソフトウェア、その開発に用いられているSwiftというプログラミング言語は全てAppleが開発しています。

Swiftで開発を行えば、Macの性能を最大限に活かせるMacアプリの開発が可能です。

3, Apple Watchアプリ開発

swiftで開発されたapple watch向けアプリ
画像引用:apple.com

Apple Watchアプリの開発は、Swiftを用いて行われています。

Apple Watchは、機械式腕時計を含めて世界で一番売れている腕時計です。

現時点でもApple Watchは多くシェアされていますが、コロナの影響による健康意識の高まりにより、これからもApple Watchのシェア率は高まっていくと予想できます。
例えば、コロナに感染した際の特徴として、血中酸素濃度の低下が挙げられます。Apple Watchはパルスオキシメーターを搭載しているので、血中酸素濃度の低下を検知可能です。

Apple Watchアプリの需要は高まっているにもかかわらず、開発エンジニアが不足しています。Swiftはこれから伸びていく市場であるApple Watchアプリの開発をしたい人におすすめの言語です。

4, Webアプリケーションの開発

Webアプリケーションの開発

SwiftはWebアプリケーションの開発にも利用されています。RubyやPHP、JavaによってWebアプリケーションの開発を行うことが多いですが、Swiftでも可能です。

Swiftはコードの読み書きがしやすいモダンなプログラミング言語であるため、積極的にSwiftをアプリ開発に取り入れようとしている企業も存在します。

例えば、GoogleやFacebook、Uberはアプリ開発において、Swiftを積極的に取り入れていく方針であることを表明しています。

 

プログラミング言語の比較表
言語名 人気ランキング 案件の数 案件平均単価 習得のしやすさ 環境構築のしやすさ できることシリーズ
C++ 1 ★★★★★ 71万円 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆  C++でできること
C 2 ★★★★★ 67万円 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆  C言語でできること
Python 3 ★★★★☆ 77万円 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆  Pythonでできること
JavaScript 4 ★★★☆☆ 72万円 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆  JavaScriptでできること
SQL 5 ★★★☆☆ 65万円 ★★★☆☆ ★☆☆☆☆  SQLでできること
Java 6 ★★★☆☆ 69万円 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆  Javaでできること
HTML/CSS 7 ★★★☆☆ 70万円 ★★★★★ ★★★★★  HTMLでできること
CSSでできること
PHP 8 ★★☆☆☆ 72万円 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆  PHPでできること
COBOL 9 ★★☆☆☆ 61万円 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆  COBOLでできること
Ruby 10 ★★☆☆☆ 80万円 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆  Rubyでできること
Swift 11 ★☆☆☆☆ 79万円 ★★☆☆☆ ★★★★☆  Swiftでできること

初心者がSwiftを学ぶメリット

Swiftを学ぶメリット

Swiftはコードの読み書きがしやすいモダンなプログラミング言語です。歴史が浅いため、Swiftを学習している人もあまりいません。

したがってSwiftのメリットとして、(1)他のエンジニアと差をつけやすかったり、(2)職に繋げやすかったりするメリットがあげられます。

  1. 他のエンジニアと差をつけやすい
  2. 職に繋げやすい
  3. iOSアプリ開発したい方なら必ず習得する言語

1, 他のエンジニアと差をつけやすい

Swiftは2014年の6月に発表されたプログラミング言語であり、他の言語に比べて歴史が浅いです。そのため、プログラミング初心者でも努力次第では他のエンジニアに差をつけられます。

歴史の長い言語であれば、ベテランと技術を競うのは至難の業です。しかし、Swiftは登場して間もないプログラミング言語であるので、誰もが学び始めの初心者ということになります。

短期間でプログラミング言語を身につけるには、プログラミングスクールを利用しましょう。他のエンジニアと少しでも差をつければ、スクールにかかった費用はすぐに取り返せます。

プログラミング学習を独学で行うと、わからないことが出てくると解決できません。プログラミングスクールでは一人ひとりにメンターがつき、質問対応してくださります。

2, 職に繋げやすい

Swiftは新しい言語であるためライバルの数も少なく、競争率が低いので職に繋げやすいです。扱える人が少ないこともあり、Swiftの求人案件では高いレベルを求められません。

新しい言語であるSwiftを採用しているのは、新しいことを積極的に取り入れようとしている企業です。このような企業は採用の際に、技術力よりも人間性や伸び代を重視する傾向にあります。

たとえプログラミング初心者であっても、学習する姿勢を見せれば採用される可能性は大いにあります。

3, iOSアプリ開発したい方なら必ず習得する言語

Objective-Cで行うこともできますが、iOSアプリの開発はSwiftで行うことが主流です。効率よくiOSアプリを開発するためには、必ずSwiftを習得しましょう。

またiPhoneユーザー向けにアプリケーションを開発すれば、販売利益や広告利益による副収入も得ることが出来ます。自分が開発したアプリが多くの方にインストールされる嬉しさはもちろんですが、それに応じて増え続けていく広告収入にも必見です。

Swiftの開発案件の相場や案件数は多い?

swiftの案件相場や需要

Swiftの開発案件の相場は他の言語と比べて平均的で、案件数はそこまで多くありません。

しかし、競争率も高くないため、Swiftの案件は比較的に獲得しやすです。

Swiftの開発相場は平均的で、ピンキリ

Swiftの案件は5万円のものから、500万円を超えるものまで存在します。Swiftの案件はiPhoneアプリの開発が多いです。

新しい言語ということもあり、中にはSwiftの価値を正しく理解できていないクライアントも存在します。価格が適正でない場合は、交渉次第で案件単価が上がる可能性は十分にあります。

Swiftの開発案件数はやや少なめだが、エンジニアが圧倒的に少ない

現状ではSwiftの開発案件は少なめですが、これは開発できるエンジニアが少ないためでもあります。

例えば、HTMLの案件では1人しか募集していないにもかかわらず100人の応募が殺到することもあります。Swiftでは多くても15人程度であることが多いです。

案件数は少ないですが、競争率も高くはないので案件を獲得しにくいわけではありません。Swiftを採用する企業は増えてきています。今からSwiftを学習してできることを増やしておくことで、将来の案件獲得に繋がり得ます。

初心者がSwiftを学習するには?

初心者がSwiftを学習するには

Swiftは学習コストの低い言語として初心者に人気です。

例えばJavaを使ったWebアプリ開発を行う場合、HTML、CSS、Javascript、Javaなど、最低でも4つのプログラミング言語を覚えて使いこなさなければいけません。

一方でSwiftは、SwiftとXcodeさえ使いこなせるようになればWebアプリの開発が可能です。本章ではそんなSwiftの学習方法をご紹介します。

  1. まずは開発環境を整える
  2. 書籍やプログラミングスクールを利用して学習
  3. 学んだあとは制作してアウトプット

1, まずは開発環境を整える

ここではSwiftを使ってiOSアプリを開発することを前提に話をすすめます。

まずはSwiftの開発環境を整えましょう。Swiftを利用するためには、次にあげる3項目を準備する必要があります。

  1. Mac
  2. Xcode
  3. iOSシミュレータ

Swiftを使うにはMacが必要です。
最近はMacがなくてもSwiftでの開発ができる環境も用意されつつありますが、細かい制約が多いこともあり、特に理由がなければMacを手元に用意しておくことが推奨されます。

XcodeはAppleが提供している無料の開発ツールであり、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchのアプリを開発する土台となります。
XcodeはAppleIDを持っている方であれば誰でもダウンロード・インストールできます。

iOSシミュレータは、開発したアプリが正常に動作するかどうかテストするために使用します。
XcodeにはiOSシミュレータが付属していますが、端末本体のセンサーやカメラ・マイクなどのデバイスを使うテストが実施できなかったり、PCと端末のスペックが乖離していることから正しい性能テストができなかったりするなど、何かと不便があります。

2, 書籍やプログラミングスクールを利用して学習

Swiftの学習方法

Swiftの開発環境を用意したら、書籍やプログラミングスクールを利用してSwiftを学習しましょう。

書籍かプログラミングスクールのうち、どちらを選択したとしても、実際に手を動かしてプログラムを作ってみることが最重要です。
プログラミング学習過程で最も学びが多い瞬間は実際に手を動かしてコードを打ち込んでいる瞬間なので、初心者の方は恐れずどんどんコードを書いてみましょう。

初心者がSwiftを学ぶなら、独学とプログラミングスクールどっち?

独学かプログラミングスクールか、これはプログラミング言語学習者の誰もが直面する永遠の命題です。

当サイト編集部では、プログラミング初心者の場合に限ってプログラミングスクールの受講をオススメしています。

初心者は絶対にプログラミングスクールに通うべき

プログラミング初心者はプログラミングスクールに通うべきです。独学はできる限り避けましょう。

その理由は『疑問解決』の可否にあります。

プログラミングスクールでは講師に好きなだけ質問できるため、自分一人では解決できない疑問もわかりやすく理解できます。

一方で独学の場合、疑問が沸くたびにインターネットで調べたり、エラーコードをコピペして質問したりする必要があります。自分が求めている情報の答えにたどり着くまでに途方もない時間がかかるため、独学は挫折しやすいです。

先の見通しが立たないまま手探りで独学することほど非効率なこともないため、お金に余裕のある方なら、多少無理をしてもプログラミングスクールに入会することをおすすめします。
Swiftをこれから学習したい方なら、こちらの記事を参考に自分にピッタリのプログラミングスクールを見つけてみてください。

3, 学んだあとは制作してアウトプット

学んだらすぐにアウトプット

ひととおりSwiftを学習したら、かならず手を動かしてアウトプットするようにしましょう。

実用できない知識は無いものと同じです。
プログラミング学習する過程で生み出した成果物はそのまま自分の実績・ポートフォリオにもできますし、エラーコードを回避するために試行錯誤する時間にこそ学ぶ価値があります。

したがって学習の過程で学んだことは必ず制作に落とし込み、自分で応用できるように努めましょう。

Swiftでできることまとめ

まとめ

  • SwiftはApple製品のアプリ開発に利用されている
  • 今後は採用する企業が増えていく
  • モダンな言語で学習がしやすい

Swiftでできることは、Apple製品のアプリ開発です。
Swiftを学習することで、iPhoneアプリやApple Watchのアプリを開発できます。

Swiftはモダンな言語であるため、プログラミング初心者でも読み書きがしやすい特徴があります。
歴史も浅く、これから需要が高まることが予測されるので、Swiftの知識を確実に身につければ、これから仕事に困ることはないでしょう。

この記事でSwiftのできることが理解できたら、『Swiftを学習するにおすすめのプログラミングスクール』や『Swift以外の言語で開発できること』にも目を通してみてくださいね。

 

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!