アフィリエイトは稼げないのはうそ?ほんと?月1,000万稼ぐ筆者が暴露

「アフィリエイトって実際は稼げるの?」「頑張っても稼げないんじゃないの?」と思ったことはありませんか?

結論から言うと”稼いでる人は稼いでる”し、”稼げない人は稼げないで終わる”です。

ただ、副業として取り組むとしてもアフィリエイトほど低資金から始められて、大きな金額を稼ぐことができる副業も中々無いのも事実なので、稼げない理由を把握することは重要だと考えています。

このページでは、アフィリエイトで起業し現役月間1,000万円の売上を出してきた経験から、アフィリエイトについてわかりやすく解説していきます。

1. アフィリエイトは稼げないと言われてる理由は?

アフィリエイト自体が稼げないかというとそんなことはありません。

何故ならば、アフィリエイト市場は以下のように右肩上がりで伸びており、2016年と比べて2019年は1,000億円近く伸びてますし、アフィリエイト市場が伸びているということはアフィリエイト報酬の支払額が増えているということです。

支払額が増えているということは受け取っている人も増えているわけですから、アフィリエイト自体は稼げる市場です。

ただ、アフィリエイトを実践している人の全てが稼いでいるわけではなく、稼げている人と稼げていない人がいることも事実です。

「稼げない」「稼げなくなった」と言われている理由をそれぞれ解説していきます。

1-1. プラットフォームの仕組みが変化した

昔は月100万円以上稼げたのに今は稼げなくなった。という人の理由として、プラットフォームの仕組みが変化したことが挙げられます。

プラットフォームとは、Googleの検索エンジンやYahoo!のリスティング広告のルールです。

  • コピペで大量のページを量産しても上位表示できた
  • リンクをたくさん送れば稼げるワードでサイトを上位表示できた
  • 情報商材をリスティング広告に出稿できた
  • 専門家じゃなくても健康、医療等のクエリで上位表示できた

それぞれ解説していきます。

1-2. コピペで大量のページを量産しても上位表示できた

筆者がアフィリエイトを始めたのは2013年からですが、2004年頃から始めた人は「昔は本当に簡単に稼ぐことができた」と話をします。

似たような記事の構成を地域や名称を変えてタイトルや記事の一部を改変し、大量にページを作成してGoogleアドセンスを貼るだけで簡単に稼げる時代もあったようです。

ただ、今は当時よりもGoogleのAIが成長しており、検索エンジン上にそのようなページが表示されたら自動的に順位を圏外に飛ばされる仕組みになっています。

1-3. リンクをたくさん送れば稼げるワードでサイトを上位表示できた

サイトにリンクを送ることを被リンクと言います。

その被リンクをたくさん送ることで、検索エンジンに評価の高いサイトであると認識させ、検索結果を上位表示させる手法が流行った時がありました。

当時はリンクを送るだけで稼げていた人たちも、今ではGoogleの仕様変更が原因で上位表示されず(されても圏外に飛ばされ)稼げなくなりました。

1-4. 情報商材をリスティング広告に出稿できた

「不動産投資で簡単に儲ける方法」「初心者でも簡単にFXで儲ける方法」といった、価格が数万円する情報商材をアフィリエイトして稼ぐ人達もいました。

特に目立って稼いでいた人達は、GoogleやYahoo!のリスティング広告に情報商材を売るページを出稿し、大きく稼ぐことができていました。

ただ、今はリスティング広告に情報商材を出稿することが規約でできなくなりました。

1-5. 専門家じゃなくても健康、医療等のクエリで上位表示できた

今でこそ「インフルエンザ 予防」「腰痛 改善」といったワードでGoogle検索をすると医療機関や行政のページが上位表示されていますが、専門資格を保有していない素人の作成したページが検索上位に表示される時期がありました。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスを利用してライターを大量に募集し、全く専門知識が無い人が信憑性のない記事をアップさせて軒並み上位表示させて稼ぐ人達もいました。

ただ、今はGoogleの検索エンジンの仕様変更により上位表示自体が困難になっています。

「稼げなくなった」人の特徴

このように、「稼げなくなった」と発言する人達には様々な理由がありますが、主にプラットフォームの抜け道を攻める方法で取り組んできた人達に多い印象です。

2. 稼げる人と稼げない人の違い

”月5万円以上を稼げる”と定義するのであれば、8:2のパレートの法則と同じように、稼げているアフィリエイターは全体の2割です。

引用元:NPOアフィリエイトマーケティング協会

NPOアフィリエイトマーケティング協会の調べだと、全体の10%が月50万円以上稼いでおり、月5万円以上であれば全体の20%以上を占めます。

1クラス30人の学校のクラスで例えるならば、3人が50万円以上。6人が5万円以上です。偏差値の高い高校へ進学する子の割合って大体こんな割合ですよね?

アフィリエイトで稼ぐ人と稼げない人の違いは大きく分けて以下の3つだと考えています。

  1. 知識(情報)があるかどうか
  2. 技術があるかどうか
  3. 時間(お金)があるかどうか

それぞれ解説していきます。

2-1. 知識(情報)があるかどうか

アフィリエイトを”仕事”と捉えるのであれば、当然仕事の知識は必要ですよね。

取り組んでいる仕事の全体像を理解して、一つ一つの作業をこなしていくわけですが、わからなければ調べて理解する必要があります。

また、会社であれば上司や先輩が教えてくれたりしますが、アフィリエイトを個人で取り組むのであれば最初は誰も助けてくれる人はいないはずです。

筆者が見てきた限り、全く誰とも関わらずに完全に独学で大きく稼いでいる人はほぼいなく、多くの稼いでいる人は他のアフィリエイターと交流をして先輩から知識や情報を共有してもらいながら進めている人がほとんどです。

2-2. 技術があるかどうか

サイト(ブログ)を綺麗に見やすく作るのも、下までスラスラと読みやすい文章を書くのも技術です。

当然、技術は最初は誰も無い状態から始めますので、毎日取り組みながら少しづつ向上していく必要があります。

その為には結果が出ているアフィリエイトサイトを知り、どんな技術を磨いていくのかを理解して、日々コツコツと取り組んでいく姿勢が重要だと考えています。

筆者も最初は右も左もわかりませんでしたが、少しづつ勉強してアフィリエイト報酬を稼げるようになりました。

2-3. 時間(お金)があるかどうか

綺麗事を抜きにして時間(お金)を持っている人は稼ぎやすいのは事実です。

本業を会社員として働いていて、帰宅後の2時間だけアフィリエイトを取り組むのと、仕事をしておらず専業で1日8時間アフィリエイトを取り組むのであれば、間違いなく後者の方が有利ですよね。

全くお金をかけずに取り組む人と、毎月数十万円単位のお金を外注費に使える人であればお金をかけた方が稼ぐスピードは速いです。

だからこそ、自己資金をかけずに副業で取り組む人は時間の使い方を工夫する必要があります。

記事を書く作業のようなパソコンの前でしかできないことは帰宅後に取り組むようにして、調べたりする作業は通勤中にスマホを使ってリサーチしたりとか。デザインができなければ自分で調べてやらずに外注さんに作ってもらったりとか。(ココナラなどで安く作ってくれます)

やはり、副業で稼ぐ人は時間(お金)の使い方をしっかりと工夫している印象があります。

稼げる人と稼げない人の違いまとめ

知識(情報)を知り、技術を磨き、時間(お金)を上手に使えばアフィリエイトで稼ぐことは全然できます。当サイトでは稼ぐ為に必要な項目を手順を追ってまとめてますので、一つ一つ読んで実際に取り組んでみてください。

3. アフィリエイトで稼いでいる人は行動力がある

実際にASPの担当者やお付き合いのある広告主の方とお話することがあるのですが、アフィリエイトで稼いでいる人は共通して行動力があると言われてます。

実際に行動力とはどんなことを指すのかというと、

  • セミナーに積極的に参加する→すぐに記事を書いて行動する
  • 勉強し終わってから行動するのではなく勉強しながら行動する
  • 必要なモノには投資を惜しまずチャレンジする

それぞれ解説していきます。

3-1. セミナーに積極的に参加する→すぐに記事を書いて行動する

お付き合いのあるASP担当者の方や広告主の方によく言われるのが、「セミナーに参加されてもすぐに記事を書いてくれるアフィリエイターさんはあまりいない」という言葉です。

これって凄く勿体ないことだと考えています。

実際に著者も稼げてない時はASPのセミナーなどには参加していましたが、その中でこのジャンルを取り組もう!と思った時はASPの担当者さんに名刺を渡し、帰宅後にメールですぐに挨拶をし、セミナーで言われていたコツなどを参考にすぐに記事を書きました。

ASPや広告主側から見ても、すぐに行動してくれるアフィリエイターは目立つから覚えてくれますよね?

それがきっかけでお付き合いが深まることもありますので、ただセミナーに参加するのではなく、参加したからにはすぐに行動する姿勢が大事だと考えています。

3-2. 勉強し終わってから行動するのではなく勉強しながら行動する

お勉強ができる人と稼げる人は全く違うと思っています。

いくらSEOの知識を勉強して覚えようが、専門用語を覚えようが、記事を入れなければアフィリエイトで稼ぐことはできません。

もちろん、何も調べずに適当に記事を入れれば良いわけではありませんが、勉強をして完璧に知識を身に付けてから取り組むのは実は逆に完璧じゃないのです。

というのも、所詮知識はあくまでも知識で、その通りに物事が順調には進みません。

例えば、「SEOにはオリジナルコンテンツが重要」という知識を身に付けたとして、オリジナルコンテンツとは何か?どうやってオリジナルな記事を作れば良いか?と考えていくうちに、答えが見出せずに結局は1記事も入れずに1日が終わってしまう。ということになりかねません。

そういうことは実践していくうちに自分なりの答えが見つかっていくものですから、大枠の概要を理解したらどんどん作業をしていくべきと考えます。

3-3. 必要なモノには投資を惜しまずチャレンジする

筆者がこれまで見てきた限りだと、完全無料で稼ぐことに拘る人で大きく稼いでる人を見たことがありません。

確かにアフィリエイトは無料ブログを使って全部自分で記事を書けば完全無料で始めることができますが、稼ぎにくいというデメリットもあります。

それに、大きく稼いでいる人達の大半は独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを契約してWordPressで運営しています。

  • 「稼げるようになったらWordPressで運営する」

という考え方と、

  • 「WordPressで運営している人が稼いでいるからWordPressにする」

という考え方では全く違うと思います。

ビジネスは数字に素直になるべきです。稼いでいる人が取り組んでいる手法を素直に真似て、稼げる方法を取り組んでいった方が稼げます。

この記事のまとめ
  • 稼げないと言ってる人の多くはプラットフォーム依存が原因
  • 稼ぐ人は「知識(情報)」「技術」「時間(お金)」を意識してる
  • アフィリエイトで稼ぐ人は行動力がある

当サイトではアフィリエイトの始め方の手順から稼ぎ方まで解説しているので、他のページも参考にして進めていきましょう。

 
最新情報をチェックしよう!